巣鴨  徳栄山 惣持院 本妙寺


お知らせ

除夜の鐘、年頭祈願会のお知らせ

十二月三十一日午後十一時四十五分より、除夜の鐘、年頭祈願会を執り行います。

本年の除夜の鐘は、皆様に撞いていただけます。

佛祖三宝諸尊、並びにご先祖さまに過ぎ去った1年のご加護を感謝し、来るべき1年が幸多き年であるよう祈念して、除夜の鐘を撞きましょう。


●墓地・境内雨水排水工事のお知らせはこちら

 墓地・境内雨水排水工事は令和4年9月に竣工致しました。皆さまのご協力に感謝申し上げます。


本妙寺とは

 当山は新潟の三条市に総本山本成寺をおく法華宗(陣門流)の別院です。山号の徳栄山は徳川家が栄えるというようにつけられたものです。

 

 安土桃山時代徳川家に仕えた久世広宣、大久保忠勝、大久保康忠、大久保忠俊、阿倍忠政等が、元亀二年(1571)家康公が岡崎から遠州曳馬(現在の浜松市)への入城に際し、智存院日慶上人にお願いして駿府に創立された寺が当山です。 

 

 江戸時代には法華宗勝劣派の触頭として、大久保氏、久世氏、阿部氏の外護により、塔頭(山内寺院)十二 ヶ寺、七堂伽藍を擁する壮大な寺でありました。現在は巣鴨に移り遠山遠山金四郎、本因坊、千葉周作などの墓所があります。