巣鴨  徳栄山 惣持院 本妙寺


お知らせ

●12月29日更新 年末・年始は多数の方がお参りに来られるため、長時間の駐車はご遠慮頂いております。


本妙寺とは

当山は新潟の三条市に総本山本成寺をおく法華宗の別院です。山号の徳栄山は徳川家が栄えるというようにつけられたものです。

安土桃山時代徳川家に仕えた久世広宣、大久保忠勝、大久保康忠、大久保忠俊、阿部忠政等が、元亀二年(1571)家康公が岡崎から遠州曳馬(現在の浜松市)への入城に際し、智存院日慶上人にお願いして駿府に創立された寺が当山です。 

江戸時代には法華宗勝劣派の触頭(ふれがしら)として、大久保氏、久世氏、阿部氏の外護により、塔頭(山内寺院)十二 ヶ寺、七堂伽藍を擁する壮大な寺でありました。

現在は巣鴨に移り遠山金四郎、千葉周作、本因坊などの墓所があります。境内地には法華宗宗務院の庁舎があります。