あなたは  人目の訪問者です

寺院紹介

本妙寺

名称
徳栄山 惣持院 本妙寺
所在地
東京都豊島区巣鴨5-35-6
創立
元亀二年(1571年)
本尊
十界勧請大曼荼羅
開山
智 存 院 日 慶
開基
久世三左衛門広宣・
 
大久保五郎右衛門忠俊・
 
大久保五郎右衛門忠勝・
 
大久保五郎右衛門康忠・
 
阿倍四郎兵衛忠政

沿革

 当山は、山号を徳栄山と称す。
これは、徳川家が栄えるようにとの願いでつけられたものである。
ご承知のように徳川家発祥の地は三州岡崎(現在の愛知県岡崎市)である。岡崎の近郊に法華宗の海雲山長福寺という古刹がある。
長福寺の檀徒で徳川家に仕えた久世広宣、大久保忠勝、大久保康忠、大久保忠俊、阿倍忠政等が、元亀二年(1571)家康公が岡崎から遠州曳馬(現在の浜松市)への入城に際し、智存院日慶上人にお願いして駿府に創立された寺が、当山である。

天正18年(1590)家康公が関東奉行として江戸入城に際して、当山も久世家、大久保家等と共に江戸へ移転した。
当初は江戸城清水御門内の礫川町へ移建されたが、城域拡張に伴い飯田町、牛込御門内、小石川(今の後楽園)へと移動させられている。

二代目以降の住職もまた学徳高く前記久世、大久保、阿倍等幕臣の帰依を得てその外護により伽藍も整備されたが、寛永13年(1636)出火のため全焼した。

その後、久世大和守広之の尽力により本郷丸山に替地をうけ、約6000坪の境内に九間四面の本堂や千仏堂、客殿、書院、庫裡、鐘楼、山門等完備し、塔頭寺院も十二と七堂伽藍の整った大寺院として復興した。
しかるに僅か数年後の明暦三年(1657)正月十八日、明暦の大火によって悉く焼失した。
しかし、大火から3年後に、客殿、庫裏を、6年後には本堂を復興した。

以後、明治43年(1910)現在地へ移転するまで本郷丸山にあった。
現在も文京区本郷五丁目付近に『本妙寺坂』なる地名が残されている。

徳栄山 本妙寺 山門 『高麗門』 について

【正面】

檀信徒各位の多大なご協力により山門の建て替えが平成27年7月に完成いたしました。山門は、高麗門(こうらいもん)と呼ばれる形になります。
高麗門は正面の2本の本柱(鏡柱かがみばしら)の上部を冠木(かぶき)で繋ぎ切妻屋根を架け、内部の控えの上にも小さな切妻屋根を架けた門です。

【内側】

高麗門は、豊臣秀吉の時代にお城の門として造られ始めたと言われています。4本の柱にひとつの大きな屋根を架けた薬医門(やくいもん)を簡略化し、小ぶりな屋根として死角を減らした形となっています。江戸時代以降には、お城に限らず寺院や神社の門などとしても多く利用されてきました。
扉は木製とし、欅の無垢材を使用しました。片側で高さ3.9m、幅2.16m、重量約600㎏もあります。

門の金物

門の金物には本妙寺の墓地に眠っておられる方にゆかりのあるモチーフを用いました。

扉の留め金具には、法華宗の宗紋の六本桜と、遠山の金さんの桜吹雪を元にデザインし、桜色の石を埋め込みました。

八双金物

また、八双(はっそう)金物は、鋭い形で千葉周作の剣を、そして『碁石』と同じ寸法の黒・白石を埋め込むことにより、本因坊の囲碁を表しています。



設計施行:清水建設株式会社

史跡

史跡案内板

明暦の大火(振袖火事) 供養塔

 明暦三年(1657)1月18日未刻(午後2時頃)に出火し、折からの強風に煽られて、江戸城本丸・二の丸をはじめ江戸市中の6割余りを焼きつくし、死者約十万人に達した大火が「明暦の大火」です。
 そして火元となったのが本妙寺で、原因は本妙寺の檀家の娘の供養のために燎火に投じた振り袖が舞い上がって本堂の屋根に飛火したことによるものとされ、俗に「振袖火事」といわれています。
 しかしこれは伝説で、火元が本妙寺であるということに関しても不審が多く、「本妙寺火元引き受け説」も語られています。
 この大火の後、江戸の町は市街地が整備され、今日の東京の町並みの原型ができました。そうした中で移転させられた寺も多くありましたが、火元といわれた本妙寺は本郷丸山を動かず、罰も受けずに復興し、寛文七年(1667)には幕府から日蓮聖人門下勝劣派の触頭に任ぜられました。

関宿藩主 久世大和守歴代の墓

関東の交通の要衝、下総関宿城主

初代
久世広之(ひろゆき)
二代
久世重之(しげゆき)
三代
久世暉之(てるゆき)
四代
久世広明(ひろあきら)
五代
久世広誉(ひろやす)
六代
久世広運(ひろたか)
七代
久世広周(ひろちか)
初代、四代、七代は老中職をつとめた。

名奉行 遠山左衛門尉景元の墓

 テレビの時代劇で人気者遠山金四郎こと通称遠山の金さん。
江戸後期の北町奉行、他に大目付、南町奉行等をつとめている。

安政二年二月二十九日没
   歸雲院殿松僊日亨大居士

剣豪 千葉周作の墓

 江戸後期の剣豪、北辰一刀流開祖、神田お玉ヶ池、千葉道場(玄武館)主

安政二年十二月十日没
   髙明院勇譽智底敬寅居士

囲碁 本因坊歴代の墓

 徳川家康がことに碁を好み、京都にいた初代の本因坊算砂日海を江戸へ呼び寄せた。
三世の道悦までは没後京都の寂光寺に葬ったが四世の道策から 二十一世の秀哉までの歴代本因坊は当山に葬られている。

天野宗歩の墓

 江戸末期の将棋の名人で棋聖位に着く。

安政六年五月十三日没
   玉用院名宗日歩居士
墓石が将棋の駒の形をしています。

「日本最初の英語教師」

ラナルド・マクドナルドから学んだ、日本最初の通詞(通訳)。
ペリー浦賀来航のときも通詞をつとめた。
ペリーは森山の語学力と共にその人柄も高く評価し、『日本遠征記』にその人柄を称えている。
文久元年(1861)の遣欧使節団には福沢諭吉や福地源一が随行したが、両人の語学力に不安を感じた当時の駐日イギリス総領事オールコックの強い要請により森山が加えられた。

明治四年三月十六日没
   清心院茶山日勇居士

本郷丸山の本妙寺跡

年中行事

1月 1日
・・・・
午前零時より 年頭祈願会
2月 3日
・・・・
節  分
3月
・・・・
春季彼岸(春分の日前後一週間)
4月 8日
・・・・
灌仏会(花まつり)
7月17日
・・・・
盂蘭盆施餓鬼法要
9月
・・・・
秋季彼岸(秋分の日前後一週間)
10月初旬
・・・・
宗祖御会式
12月31日
・・・・
午後11時45分より 除夜の鐘

アクセス

山手線「巣鴨駅」下車、国道17号を北へ徒歩10分

電話番号: 03-3917-1558

地図